2022年12月4日

記載すべき内容とは?

エンジニアのポートフォリオには、どんな内容を記載すればよいのでしょうか?
記載するべき内容は、自身がエンジニアとしてどんなスキルを持っているのか、またどんな実績や経験があるのかがメインとなりますが、エンジニアとしてのスキルレベルや経験値によって、何を記載すればよいかが異なります。

スキルレベルや経験値に関係なく、すべてのエンジニアが記載する内容には、氏名や学歴、そして職歴があります。
その他、Eメールアドレスや住所、電話番号などの連絡先も忘れずに記載しておきましょう。

エンジニアとしての実務経験がない人は、コーディングができる言語や、自身が開発したアプリやプログラムなどをポートフォリオに盛り込むと良いでしょう。
簡単なサンプルアプリでも良いので、自身のスキルをふんだんに出して開発に取り組むことをおすすめします。
その際には、できるだけソースコードは分かりやすく適切な構文に従って丁寧に整頓することで、採用担当者に好印象を与えられます。

エンジニアとして働いた経験がある人なら、これまで具体的にどんなアプリやプログラム開発に携わったかをポートフォリオの中に盛り込みましょう。
エンジニアとしての職歴の中でも、より具体的にどんな職種のエンジニアだったのかについても記載すると良いでしょう。
プロジェクトチームの一員として携わったものに関しては、どんな内容のプロジェクトだったのか、そして自分はどんな役割を果たしたのかという点をポートフォリオに盛り込むのがおすすめです。