2022年12月4日

必要な理由は何?

エンジニアにとって、ポートフォリオは絶対になければいけないものではありません。
しかし持っていることによって案件を受注しやすくなったり、転職先を見つけやすくなるなど、メリットはたくさんあります。

エンジニアにポートフォリオが必要な1つ目の理由は、自身のスキルを証明できるからです。
アプリを作成する際に持っているスキルを盛り込むことで、言葉でスキルを説明しなくても、アプリがスキルを証明してくれるでしょう。

ただし、アプリにすべてのスキルを盛り込むことは難しいものです。
盛り込めない分に関しては、スキルシートを別途で提出すれば習得しているスキルを相手へ漏れることなく伝えられます。

2つ目の理由は、優良企業へ転職できるチャンスがアップするからです。
エンジニアのニーズが高いIT企業は、大きく分類して自社開発企業や受託開発企業などがあります。
このうち、エンジニアにとってより実践的なスキルが身につくのは自社開発企業で、エンジニアの転職先としては高い人気があります。
そのため、自社開発企業への転職は激戦となりやすく、企業はより高いスキルを持つエンジニアを採用しようとするでしょう。
その際には、視覚的に自身のスキルをアピールできるポートフォリオがあるかどうかによって、採用されやすさが大きく変わるのです。

同じスキルを持つエンジニアでも、ポートフォリオの有無によって採用されやすさは大きく変わります。
エンジニアとしてのキャリアを高めるための転職を考えるなら、ポートフォリオを持っていることが大きく役立つでしょう。