2022年12月4日

作成する際に知っておきたいコツ

1つ目のコツは、できるだけたくさんの人に共感してもらえる内容やテーマにするという点です。
シュールすぎて需要が少ないテーマでは、品質が高くてもニーズがなく、案件受注につなげることが難しくなってしまいます。
テーマは分かりやすく多くの人から共感を得られるものを選びましょう。

2つ目のコツは、ユーザーにとって使いやすいかという点です。
アプリやサービスの速度や使い勝手など、見た目のデザインだけでなく細かい機能などスペック面においても気を遣いたいものです。

3つ目のコツは、オリジナリティを出すという点です。
エンジニア向けのポートフォリオには、テンプレートやサンプルなどがネットで紹介されており、参考にする人は多いでしょう。
しかし、テンプレートやサンプルとそっくりそのままでは、残念ながら相手へ自身のスキルや感性を伝えることができません。
オリジナリティを必ず盛り込むことで、自分らしさを表現できます。

4つ目のコツは、ポートフォリオの中に自身の意思や意図を盛り込むという点です。
自身と全く関係がないテーマでも問題はありませんが、これまでの経験や意図と絡ませることによって、自身の考え方や価値観、人となりを相手に伝えることができるでしょう。
そこから会話が生まれたり、相手へ自分という人間を強く印象付けやすくなります。

5つ目のコツは、コードはできるだけ見やすく分かりやすく整えるという点です。
他のエンジニアがコードを見た時に、理解しやすく見やすいコーディングは、エンジニアにとっては必要不可欠なスキルと素質なのです。